印鑑はんこQ&A

■印鑑底値市は何故こんなにも安いのですか?

1. 人件費を徹底的に押さえ込みました。
と言いますのも大半の作業は店主一人でやっておりますので、
人件費がほとんど掛からないというのが実状です。
あとは、家族のものもやっておりますが、そちらの人件費も安いので。

2. 安くしないと売れないので。
こんなことを書くのもなんですが、ネット上のはんこ屋では、すでに有名店の一人勝ちの状態で、とてもうちでは対抗できないというのが現実です。
ですから、やれることといえば、品質を維持しつつ、価格を徹底的に引き下げることしかありませんでした。そのため商品によっては、限りなく原価に近いものもあります。それほどまでに価格を引き下げました。

基本的には以上の2点ですが、他にも目に見えない部分で、価格を引き下げるための努力を徹底しています。
ともかく、自信を持って絶対に安いと言える価格です。


■安いのはいいんですが、品質の方はどうですか?

これについても一切問題ありません。本当に安心して頂いて大丈夫です。
いくら安くても、品質を落としてしまっては、話になりませんので。
品質の方も価格同様、
自信を持って絶対に間違いのない良い商品と言えます。

なお、当店では、印鑑に下記の印材を使用していますので、どうぞご安心の上、お買い求め下さいませ。

個人印鑑の材質

法人印鑑の材質

もちろん、彫刻も安心の手彫り仕上げ印鑑です。

■でも、こんなに安くて、品質がいいなんて何だか信じ難いですね。
  本当にこんな値段でやっていけるのですか?

確かに信じがたいのは、ごもっともです。ネット上のはんこ屋の価格、そして普通のはんこ屋の価格から見れば、信じられないような価格設定だと思います。大体の数字ですが、他店で1本の印鑑を売って得る利益と、当店で3本〜4本売って得る利益とが同じくらいになるように価格を設定しています。
また、こちらの方もおおよその数字ですが、当店の価格は、街のはんこ屋の「4分の1」から「5分の1」、ネット上のはんこ屋の「2分の1」から「3分の1」ぐらいだと思います。
しかも、品質はそれらの店と少なくとも同等のものか、またはそれ以上の商品だと思います。
これだけの内容で本格的な手彫り仕上げ印鑑です。
ですから、実際のところ余程大量にでも売れない限り、ほとんど利益はありません。
しかしなぜ、ここまで価格を落とす必要があるのでしょうか。
上にも書きましたが、現在、ネット上のはんこ屋では有名店の一人勝ち状態であり、また競争も激化する一方です。
こういったなかで、われわれが出来ることといえば、品質を維持しつつ、価格を徹底的に引き下げることしかありませんでした。もう、ちょっと安い程度の価格では通用しないだろうと考え、悩みぬいた挙句、この価格に決定致しました。本当に精一杯の価格です。もちろん、品質(印材)も十分に選び抜いたものを使用しています。
長くなりましたが、安心してお買い求め頂ける内容だと確信しております。


■どの印材を選べばよいのか迷ってしまうのですが...。

これはあまり答えになっていませんが、本当にお好みで選んで頂いてよいかと思います。どの印材にもそれぞれの良さがあり、どれがお勧めとは一概には言えません。
ですが、ご参考までに書いておきますと、一番ポピュラーなものは、やはり黒水牛だと思います。その次は本柘や本象牙といったところでしょうか。
また、オランダ水牛、純白オランダ水牛は、その美しい風合いも魅力的で、女性、男性を問わずかなりの人気商品です。
琥珀も、見た目と色合いが非常に美しく、特に女性に人気がある商品です。
しかし、いずれにせよ、本当にお好みで選んで頂いて良いかと思います。

法人印鑑も本柘と黒水牛が一般的ですが、こちらの方もどの印材でも登記や日常使用においては問題ありませんので、
お好みでお選び頂くのが一番宜しいかと思います。

■どの書体を選べばよいのか、迷うのですが...。

こちらの方も本当にお好みで選んで頂いてよいかと思います。
ただ、
実印の場合は、一般的に「印相体」が多いようです。その次は「テン書体」でしょうか。
銀行印「印相体」、または「テン書体」を選ばれる方が多いようです。
認印の場合はわかりやすいものを選ばれる方が多く、「古印体」に人気があります。

また、法人印鑑の場合は
会社実印・銀行印は「印相体」か「テン書体」角印/社印は「テン書体」が一般的です。
いずれにせよ、どの書体でも印鑑登録や、日常使用においては問題はございませんので、お気に入りの書体を選んで頂くのが一番良いかと思います。


■今持っている印鑑や印材(印材持込)で、新しく彫って欲しいのですが可能ですか?

例えば、ご両親がお使いになられていた印鑑や、中国等で購入された印材、またお土産に印材だけ貰ったので、新たに彫刻、もしくは彫りなおし出来ないかとのご質問をよくお受けするのですが、これは基本的にお断りしている次第であります。申し訳ございません。
と言いますのも、こちらの印材で新たに彫刻する場合や、こちらでご購入頂いた商品が、万が一、欠けてしまったり紛失してしまったりした場合には、こちらの印材で新たに彫刻し直せば済みますが、お客様が大事にしておられるご両親の形見の印鑑や、大切な方からのお土産の印鑑、中国等で購入された記念の印鑑の場合、その印鑑をこちらで彫刻中に、万が一、欠かしてしまったり、配送中に紛失してしまったりすれば、これは取り返しがつきません。
(どちらも滅多に無い事なのですが、やはり万が一と言うことがございます。)
また、印材の持ち込みによる彫刻は、一般にトラブルの原因になりやすいことから、多くのはんこ屋もお断りすることが多いようです。
そのような理由から、当店でも印材持込での彫刻はお断りしている次第であります。何卒、ご了承下さいませ。


■印鑑登録について聞きたいのですが、名前のみでの登録は出来るのでしょうか?

大部分の自治体ではお名前のみの印鑑登録でも受付けてもらえるようです。
ですが、ごくごく一部の自治体では、姓と名の両方が必要な場合もありますので、お名前のみでの登録をご希望の場合は、一応、印鑑登録されるお近くの自治体にお問い合わせいただくのが一番良いかと思います。

なお、お名前のみの実印をご希望の場合は、注文フォームの備考欄にその旨ご記入下さいませ。


■注文した印鑑と同一のものが作られて、それが悪用される可能性はありますか?

当店では、印影のデザインを、一つ一つ職人による手作業で作り上げていきますので、同一の印鑑が出来上がり、それが悪用される恐れはございません。お作り致しました印鑑はお客様だけのオリジナルの印鑑でございます。ですので、どうぞご安心してお買い求め下さいませ。


■印鑑の上にへこんだ印のようなものは付いていますか?
  また、それは何のためにあるのですか?

これを「当て」もしくは「当たり」といいます。
これは印鑑の上下が分かりやすくなるように付けられたものなのですが、当店では、なるべく印鑑を傷つけないようにとの配慮から「当て」をお付けしておりません。


■銀行印・認印を横書きで彫って欲しいのですが可能ですか?

銀行印、認印に関しましては、横彫りも可能です。
注文フォームの備考欄にその旨ご記入くださいませ。


■旧字の名前なのですが作れますか?

もちろん、どのようなお名前でもお作り出来ます。
旧字のお客様は、その内容を注文フォームの備考欄にご記入いただくか、FAXにてご連絡下さいませ。


■印鑑の保証期間はどのくらいですか?

現在は一年間の保証期間を設けております。
一年間というとやや短いように思われますが、今のところあえてそのような期間に設定しております。
といいますのも、ネットショップを開設したが、思うように商品が売れず、すぐに店を畳んでしまうといったケースが多いことを考えますと、保証期間を5年、10年と伸ばすよりも、一年間という数字の方がより現実的ではないかと考えそのように致しました。
もちろん、一年間保証だからといって商品がすぐダメになるものではございません。品質面から言えば、10年保証は当然のこと、永久保証としても問題のないような商品です。といいますのも、印鑑自体が半永久的に使用できる商品だからです。ですから、大手のはんこ屋などは保証期間を設けていないところも多いようです。
ですので、ご安心いただいてよいかと思います。

■印鑑は全て手彫りですか?

彫刻方法につきましては、下記に詳細を記しておりますので、どうぞご覧下さいませ。

「職人の技」最高級手彫り仕上げ印鑑の作成


■「はんこ掘り出し市」というよく似たサイトを見たのですが?

これは、一部の個人印鑑のみを取り扱っている当店の姉妹サイトです。販売業者は当店と同じ京都印章堂です。
そのページに掲載されている商品等の価格体系と品質は当サイトと全く同一のものです。
ですので、どちらのサイトから商品を購入して頂いても同じ内容になります。
ご覧になりたい方の為に、一応、下記にアドレスを書いておきますが、当サイトの方が軽くてお薦めです。

はんこ掘り出し市-印鑑はんこ販売

はんこ - はんこ掘り出し市 


■印鑑底値市「京都印章堂」は信用できますか?

はい、大丈夫です。信用して頂ければと思います。小規模ながら、まじめに商売をやっておりますので。
確かに様々なネットショップで、お金を先に振り込んだけど商品が送られてこない、といったようなトラブルもあるようです。
ですので、当店ではお客様に安心してお買い求めいただけるよう、商品が到着してから代金をお支払い頂く「代引き」を利用しています。


印鑑はんこトップへ